無料ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上卓東風でフルボッコ

に私がされましたw

さすがは表示なし四段といったところですね^^;

ポイントがドンドン減りますw

tenhou_prof_20090615.jpg

どうやら私は相手のツモや配牌が良いときは
トコトン精神的に弱くなるようで・・・・。
放銃もしやすくなります^^;

上を目指すなら配牌やツモに左右されないようなメンタルが必要ですね。


http://tenhou.net/0/?log=2009061516gm-00c1-0000-47d1fdcc&tw=1
↑先制リーチを決め、出和了・ツモ和了を期待して待っていたら
次々他家もリーチ、リーチと三家リーチに。
そして四家目のリーチが入って流れたと思ったときに対面がロン。
高めの倍満wなんて奴らだ^^;


以下は前記事のコメ返しです。
>>いいちこさん

牌譜の件了解しました^^
R50の差は大きいのですね、覚えておきます^^:
私の場合、50くらいの変動はよくあることなのでピンと来ませんでしたw

大会の戦い方はまた別で考えておかないとダメですね。
気構えがまったく変わってくるということに大会が終わってから分かりましたw
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

R50の差っていうのは、Rは下げるのは簡単だけど上げるのは難しいのがまず一つあるね。
連続でラス取るだけで簡単にRは沈むから、R50も差があって相手がそのRをずっと維持している場合、かなりの強敵だと思いますよ。
自分も自分でRを維持している立場な訳ですから、そのお互いに維持しているポイント差が50違うとなると、一つ格上の相手だと思ってまず間違いないです。

50の差は大きいんですよ。
特に特上なんかでRを維持している人なんかは…ねw



牌譜は…単にぬるい相手が運で勝っただけのように見えるのは俺だけだろうか……
半荘なら全然ひっくりかえせるレベルなので気にも止めないなんちゃって倍満ですが、東風でこんなの出されると厳しいですね。
というか…下家www


ツモや配牌で戦い方を変えるような事はオススメできませんね。
というか、今のたまねぎさんには多分まだ無理です。

真っ直ぐ以外の戦い方を知らないでしょうから、そこから一歩外したオカルトならでは、あるいは理論雀士ならではの「真っ直ぐに打たない戦い方」を勉強するのにも、正直まだ早いですね。
真っ直ぐすらミスが目立つレベルなので、まずはどんな点差にも動じず真っ直ぐに打って今出来る事をするのに慣れておいてください。

ただ単に真っ直ぐに打てるだけで、R1850くらいまでは伸ばせますし、Rを安定させて落とさずに維持するためには「真っ直ぐに打てる」事が必須条件です。
ただ特上においては単に真っ直ぐに打つだけではカモにされるだけなので、みんながどのようにして勝っているのか、R1800に到達したあたりで戦い方を観戦で研究していきましょう。

俺が教えるとオカルトの道に引きずり込む形になりかねないので、なるべく自分で見つける感じでお願いします。
どうしても手詰まりなときは力になりますので、いつでも相談してください。


一応、コツというか「真っ直ぐでない打ち回し」のヒントですが、色々なやり方がある中で、そのほとんどが将棋で言う「手抜き」に近いやり方になっています。


ちなみに「手抜く」というのは、局面を複雑化させる・あるいは紛れを求めにいく目的であえて最善ではなく弱い手を指す事を言います。
守るべきときに守らず、かと言って攻めるでもなく、ただ局面が複雑になるよう、難しい戦いに縺れ込ませるための一手を指すような具合です。

まあ今は何も考えず、Rが1800まで上がってから特上のR2000近くの方々の手を見ながら探してみてください。
最善でない一打を打つ瞬間を。
プロフィール

たまねぎ剣士

Author:たまねぎ剣士
雀歴:2009年4~5月頃から


2009年05月頃→天鳳初課金
2009年06月10日→四段に昇段
2009年07月16日→初特上卓
2009年07月24日→五段に昇段
2009年08月12日→初R1900超え
2009年08月13日→六段に昇段
2009年10月17日→七段に昇段
2010年01月09日→七段R2000到達
好きな役:純全帯三色
読んだことある麻雀漫画:天・アカギ・むこうぶち・兎・咲・ワシズ・ムダヅモ・哭きの竜

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。