無料ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコ生天鳳(ゲーム)配信者用 自分のFME設定公開

高画質高音質の天鳳(ゲーム)配信が増えてくれるのは良いことだと思うので
簡単にFMEでの放送方法みたいなものをまとめてみようかと。

まずはFMEを手に入れないといけないので

http://looooooooop.blog35.fc2.com/blog-entry-453.html

上記のURLに入手方法が書いてあるのでそこから入手してください。


で、ここからが重要なFMEの設定についてです。
天鳳、その他ゲーム配信ベースに設定例を書きます。

Format
H.264はより高画質ですが、生主はもちろん
リスナーのスペックも必要となってくるのでVP6でおkでしょう。

Formatのとなりのスパナ
変えるところはkeyframe Frequencyとその下のQualityぐらいです。
keyframe Frequencyは1(画質重視)~10(コマ数重視)、
Qualityは上から順番に画質重視~コマ数重視といった感じです。
ゲーム配信であればそこそこなめらかさが欲しいので
keyframe Frequency7~10secondsQuality上から4、5番目といったところでしょうか。
用途に応じて調整してください。

Frame Rate
ニコ生で受け付けられる最大rateは16らしいので15でおkです。
それ以上上げても無駄に負荷がかかるだけですので気を付けましょう。
雑談放送で静止画しか映さない時は1でおkです。

Input Size
ニコ生の画面サイズが512×384なのでそれと同じでおkです。
注意すべきところはOutput Sizeと必ず合わせること。
そうしないとサイズ再調整がかかり重くなるとのことです。

Bit Rate
いろいろ試してきましたが大体200~250くらいでおkです。
200も300もそんなに画質に差を感じられなく、軽い方がラグが少ないので200でいいと思います。

Output Size
Input Sizeと同じにしてください。

Audio
デバイスは自分が使用しているステミキ等を選んでください。
フォーマットはmp3、チャンネルはステレオ、サンプルレートは22050HzでBit Rateは64でいいでしょう。

Volume
初期値は半分の50に設定されてますが、おそらく音が小さいので70~100でいいでしょう。


あとはキャプチャソフトなんですが、NDC(ニコ生デスクトップキャプチャ)でもSCFHでも
どっちでもできます。

それぞれの特徴としてはNDC(初心者用・少し重い・テロップ使える)、SCFH(少し軽い・シンプル・慣れてる人用)

どっちも大して差は無いので自分はゲーム放送はSCFH、雑談放送はNDCといった感じに使っています。

スポンサーサイト

コメント

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

たまねぎ剣士

Author:たまねぎ剣士
雀歴:2009年4~5月頃から


2009年05月頃→天鳳初課金
2009年06月10日→四段に昇段
2009年07月16日→初特上卓
2009年07月24日→五段に昇段
2009年08月12日→初R1900超え
2009年08月13日→六段に昇段
2009年10月17日→七段に昇段
2010年01月09日→七段R2000到達
好きな役:純全帯三色
読んだことある麻雀漫画:天・アカギ・むこうぶち・兎・咲・ワシズ・ムダヅモ・哭きの竜

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。